指揮者

中田 延亮

写真:中田 延亮

京都生まれ。筑波大学医学専門学群在学中に桐朋学園ソリストディプロマコースに入学し、コントラバスを専攻する一方、上杉隆治氏の下で指揮を学ぶ。05年より本拠を欧州に移し、ウィーン市音楽院古楽科などで学ぶ。

スタラザゴラ歌劇場(ブルガリア)に客演して07年にヨーロッパデビュー。リオデジャネイロではブラジルにおける日本人移民100周年を記念して08年に皇太子殿下ご臨席の下開催された「日伯交流音楽会」に招待され、ペトロブラス交響楽団を指揮した。11年にはラトヴィア国立交響楽団のエストニアツアーを成功に導いた。現在はスペイン、バレンシアに拠点を置き、上記各楽団に加えてドナウ交響楽団(ハンガリー)、ポルト・アレグレ交響楽団(ブラジル)、九州交響楽団、神戸市室内合奏団、ブラショフ歌劇場(ルーマニア)などに客演を続けている。

08-10年スタラザゴラ歌劇場首席客演指揮者。上杉隆治、ジャン・フルネ、湯浅勇治、イサーク・カラブチェフスキー、ミヒャエル・ディットリヒ、広上淳一の各氏に師事。また、これまでに新日本フィルハーモニー交響楽団、バレンシア歌劇場(スペイン)などにコントラバス奏者として在籍した。