指揮者

中田 延亮

写真:中田 延亮

「胸の空くような演奏(中略)、しかし本当に評価すべきこと、それは彼らの生み出す音楽がヨーロッパの模倣ではないということである(中略)。もし、この無駄がなくキリリと引き締まった演奏を日本的と呼べるなら、明治以来ようやく自然体で模倣から脱しオリジナリティーを主張する事の出来る音楽家が育って来たと言える。」(「音楽現代」誌より)

京都生まれ。筑波大学医学専門学群在学中に桐朋学園ソリストディプロマコースに入学し、コントラバスを専攻する一方指揮を学び、在学中より活動を開始する。その後05年より本拠を欧州に移し、ウィーン市音楽院古楽科などで更に学んだ。また巨匠ジャン・フルネ氏に認められ最晩年の生徒として師事し大きな薫陶を受ける。。

07年ブルガリアのスタラザゴラ歌劇場でヨーロッパデビュー、またドナウ交響楽団主催の国際指揮者コンクールにて第1位を受賞。その後はラトヴィア国立交響楽団とのエストニアツアー、ルーマニアのブラショフ歌劇場など各国への客演を続けている。08年にはブラジルにおける日本人移民100周年を記念して皇太子殿下ご臨席の下リオデジャネイロの伝統ある市立劇場で開催された「日伯交流音楽会」に招聘されペトロブラス交響楽団を指揮した。14年、群馬県で群馬バロックオーケストラを創設、後記バロックをレパートリーの軸にして活動を続けている。現代作品の演奏にも積極的に取り組み、アンドリス・ゼニティス(ラトヴィア)、ガブリエル・ペニード(ブラジル)など各国の若い世代の作曲家から絶大な信頼を寄せられている。

現在はスペイン、バレンシアに拠点を置き、上記各楽団に加えてポルト・アレグレ交響楽団(ブラジル)、新日本フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団、神戸市室内合奏団、群馬交響楽団、東京シティフィルなどに客演している。08-10年スタラザゴラ歌劇場首席客演指揮者。その他これまでに上杉隆治、広上淳一、湯浅勇治、ミヒャエル・ディットリヒ、イサーク・カラブチェフスキー、ニールス・ムースの各氏にも教えを受けた。またコントラバス奏者としては新日本フィルハーモニー交響楽団とバレンシア歌劇場に在籍した他、オーストリア・スペインの古楽団体、室内アンサンブルの公演にも数多く参加した。